心理学の一般常識 |

有名無名な心理学の話を書き連ねていきます。

誉め上手

2012.01.24 Tue

23:14:30

褒め方にもいろいろあり、最初から最後までずーっと褒めまくっているよりも、最初はけなしてその後に褒めたほうが相手への好感が高いという事実。

その逆に、はじめに褒めておきながら、次第にけなしていくと、かなりの好感度ダウン。

オススメ情報

ホット・リーディングとコールド・リーディング

2012.01.23 Mon

23:41:09

よく占い師や霊媒師、宗教家などが使う手にコールド・リーディングとホット・リーディングがあります。

コールド・リーディングとは、直接的な質問をせず、何気ない会話から相手の情報を聞き出すテクニックです。
よく当たると評判な占い師や、言っていないはずの悩みを次々と言い当てる霊能者がいますが、これらはほとんどがコールド・リーディングの使い手です。

コールド・リーディングに関しては、既に海外で体系化されたテクニックなどがあり、その内容は誰でも手に入れることができます。ただし、いくら知識が見についても、それを実際に行えるかどうかは扱う人の才能に少なからず左右されます。騙されないようにするために、知識だけはみにつけておくのもいいかもしれませんね。

ホット・リーディングとは、コールド・リーディングとは違い、前もってバレないように調査をして対象の情報を手に入れておく方法です。これはテクニックと言うよりは、準備と言えるかもしれません。知らないはずのことを、実は知っているにもかかわらず、今、占いや霊能力などの超常の力で手に入れたように話されては、少なからず驚きますよね。まぁそれでも、相談する側は更に深い悩みや質問をしてくる可能性が高く、調査した内容だけではボロが出る可能性もありますが、そこをやり過ごす手腕も持っていてこそ、生きる方法でしょう。

これらを全て、人を騙すという点で悪者扱いすることは簡単ですが、事はそう簡単ではありません。
あからさまに高額の謝礼を要求するような悪徳業者はもっての外だとは思います。しかし、こういった手法を使う人に相談し、騙された側はそのことに気づかず、長年思い患ってきた悩みが快方に向かう可能性もあります。

自分との対話の一つの方法として、こういった能力を持つ人達をうまく使うことも、もしかしたらストレス社会を生き抜く方法の一つかもしれないのです。

部分強化

2012.01.22 Sun

22:48:36

これは非常に有名なテクニックです。
読んでいくとわかりますが、博打・ギャンブルはどれもこの属性を持っています。
その中でもとりわけパチンコは、このパターンが当てはまっています。

心理学の学習心理学という分野に、「部分強化」という法則があります。

(A)行動に対する報酬を必ず与えた場合

と、

(B)行動に対する報酬を与えたり与えなかったりした場合

それぞれの場合で生物はどんな行動を取るか。


Aの場合、行動をすると報酬が必ずもらえるので、生物は必要なときにだけ行動を取るようになります。
やがて、もっと効率のいい(ように思える)代替手段が見つかると、そちらに移行していきます。

ではBの場合はと言うと、行動をしても報酬がもらえないことがある。
すると生物は、何度も何度もBを行うようになります。
行動してみたけど、報酬がもらえなかった。でも次はもらえるかも……既に行動してしまった分もあるし、もう一回行動してみよう。たくさんやればやるほど、貰える確率は上がるし……といった感じでしょうか。


この部分強化については、ケージに「ボタン」と「餌が出るハコ」を設置した実験という話で説明されていることが多いです。

「ボタンを押すと必ず餌が出るハコ」が設置されたケージと、「ボタンを押すと餌が出たりでなかったりするハコ」が設置されたケージ、双方にラットを入れ、観察します。

「必ず餌が出る方」のラットは、必要なときにボタンを押して、餌を食べます。
ところが「餌が出たり出なかったりの方」のラットは、狂ったように高速でボタンを連打し続ける、という話です。
しかもこれは、「出る・出ないが不規則で、かつ餌が出る確率が低いほうが、より高速でボタンを押し続ける」と言われています。


確率の低い「大当たり」という餌を求め、「銀魂を弾く」という行動を取り続ける、哀れなケージの中のラットたち……